仮性包茎は手術で治療したほうがよい?

2018年12月14日 0 投稿者: masterad_mtrokko

仮性包茎は包皮をむける症状なので真性包茎・カントン包茎ほど深刻ではありませんが、包皮をむくときに痛みを感じるなら治療を受けておくのがいいですね。
今は無痛手術を受けられるクリニックが増えているので、以前よりずっと楽になりました。
仮性包茎は放置しておいてもよいと感じる方が多いですが、やはり亀頭が露出していたほうが何かとよいです。
入浴時にむいて洗うにしても、無理をすると裏筋が切れたりするのです。
そうなると排尿時にも痛みを感じるようになりますから、やはり手術を受けておくのがいいですね。

ペニスのニオイのほとんどは恥垢によるものと言われていて、女性から見て包茎は臭いという印象があるそうです。
男性自身はそれほど気にしていなくても、パートナーに迷惑をかけている可能性はありますよ。
手術で仮性包茎を治療すると常に亀頭が露出するので、雑菌繁殖を抑えられるメリットもあります。
恥垢が溜まらないと想像以上に快適で、手術を受けた男性は総じて感動するようです。
特に仮性包茎の中でも真性包茎に近い症状は、一日も早く対策するのがおすすめです。
コンプレックスは何もせずに解消することはないので、包茎の悩みを解決するには自分から動くしかないですね。